コーヒーを飲む人は口臭に注意

コーヒーが好きで一日に数回飲むという人もいると思います。

 

朝起きて一杯、仕事の休憩時間に一杯、そしてリラックスの時間に一杯とコーヒーの好きな人にとっては、欠かせない習慣の1つでしょう。

 

しかし、コーヒーを飲んだ人と話していて、あれ?口臭が気になるなと思ったことはありませんか?

 

自分がコーヒーを飲んだ後口臭を感じることはあまりないでしょう。

 

しかし、他人からの匂いというものは結構気になるものです。

 

大好きなコーヒーが原因で口臭が発生する、これは信じがたいことですが、事実なのです。

 

コーヒーが原因

コーヒーにはカフェインが含まれています。

 

このカフェインが目覚めを良くしたり、集中力を増してくれたりするコーヒーの効能を生み出しているのですが、実はこのコーヒーのカフェインが舌の上に張り付いて口臭の原因になっているといわれています。

 

そのためコーヒーを飲むことが習慣になっている人は、舌磨きを心掛けることが大切なのです。

 

一日一回は舌を綺麗にするつもりでしっかり舌磨きを行いましょう。

 

しかし、仕事中などはどのように対処したらよいでしょうか。

 

それはコーヒーを飲んだ後に、水を飲むということを行えば、舌の上を洗い流すことができます。

 

またブラックではなくミルクや砂糖を入れて飲んだ人の口の中に残った糖分なども同時に流すことができます。

 

それによりかなりの口臭が予防できるでしょう。

 

またガムをかむことも効果的です。

 

キシリトール入りのガムであれば虫歯予防にもなりますし、口臭も防いでくれるので一石二鳥ですね。

 

>>口臭豆知識に戻る