口臭対策にガムが効果的な理由とは

焼き肉やにんにくの効いた料理を食べると次の日位まで口臭が気になる事があります。

 

しかし、こういった食べ物が原因で一時的に口臭がきつくなる場合は、大切な日の前には臭いのきつい物を口にしないなど、対策をいくらでも取る事が出来ます。

 

でも、臭いのきついものを口にした訳でもないのに口臭が気になる時があると思います。

 

その原因はなんと唾液不足

 

口臭が朝起きた瞬間や空腹時に気になるというケースが多いのも、全て口の中の唾液不足が原因なのです。

 

つまり気になる口臭を改善するためには、口の中の唾液不足を防ぐ事になります。

 

食事をした後の口臭は、ポリフェノールの多い緑茶なども効果的ですが、寝起きなどの唾液不足で発生する口臭対策にはガムを噛む事が一番です。

 

唾液の分泌量

 

ガムを良く噛むことで、唾液の分泌量が促進され口臭が気にならなくなっていくでしょう。

 

ガムが口臭に効くのは、ガムに含まれる成分が理由ではありません。

 

あくまでもガムを噛むことで唾液の分泌が促進されるからです。

 

ですからいくらガムを噛んでも直ぐに吐き出してしまっては意味がありません。

 

口臭対策としてガムを選ぶ時には、味が長続きするタイプ、噛みごたえがあるタイプの製品を選びましょう。

 

味が長続きするとその分長時間噛み続ける事が出来ますし、噛みごたえがあればその分唾液の分泌が促進されやすくなります。

 

ガムならポケットやカバンの中にいつでも入れておけますから、口臭対策としていつも身近に常備しておいてはいかがでしょう。

 

>>口臭豆知識に戻る