時には虫歯が口臭の原因になることも

口臭がするなということを自分で自覚することはあまりないかもしれません。

 

しかし、時には、子供から指摘をされたり、配偶者から指摘をされたりすることもありますね。

 

身内といえど、口臭を指摘されることはあまり好ましいことではありません。

 

少し恥ずかしい気持ちにもなりますね。

 

そんな指摘を受けたら、まず歯科に行って、歯のチェックをしてみたらいいと思います。

 

なぜなら歯科では自分では気が付かないな歯の裏側までしっかりチェックをして虫歯や歯周病を確認してくれるからです。

 

虫歯と口臭の関係

 

そして虫歯が口臭の原因になることもあるということをご存知ですか?

 

虫歯が軽度であると口臭がするまでは悪化していないはずです。

 

しかし、虫歯が悪化している場合、そこから炎症を起こし、膿を持っていたりすることもあります。

 

またその炎症から歯の神経まで虫歯による影響があったり、時には、虫歯が原因で、歯茎が炎症を起こし、その結果、歯がグラグラするそして歯茎が腫れて膿がたまっているということもあるのです。

 

ここまで来てしまった虫歯は口臭の原因にもなります。

 

さすがに痛みを感じて歯科に駆け込む人もいるでしょうが、老人で歯の間隔が麻痺しているとあまり痛みを感じず虫歯がどんどん進行して悪化して口臭を発生させているという状況になることもあるのです。

 

ここまで来たら歯科では歯を抜歯し、歯茎の洗浄を行ったり、かなりの治療がおこなわれます。

 

しっかり治療を行えば、口臭の原因となるものが除去され、口臭は改善することができるのです。

 

時には、歯科に行って虫歯のチェックもしなくてはいけないですね。

 

>>口臭豆知識に戻る