適切な水分の摂取が口臭を抑える

口の中が乾燥してくると口臭は途端に強くなってゆきます。

 

逆に言えば、口の中を常に湿った状態にしておけば、口臭をある程度は抑制できるわけです。

 

ですから、普段から自分の口臭が気になる人は、定期的に水分を摂取して口の中の乾燥を防止するように努めましょう。

 

ただし、ただ闇雲に水分を摂れば良いというわけではありません。

 

たとえばヘルシーだからと言って、お茶などをたくさん飲むのはある意味逆効果を招いてしまいます。

 

確かにお茶は喉の渇きを潤すのには最適ですが、だからといって口臭にも良いというわけではないのです。

 

というのも、多数のお茶に含まれているカフェインが問題なのです。

 

カフェインの作用

カフェインには通常、唾液が口腔内にて分泌されるその特有の機能を抑制する働きが認められています。

 

これではたとえお茶で口の中を潤しても、やがてまた口の渇きが促進され、結果的に口臭が強くなってしまいかねません。

 

ですから、仮にもしお茶を飲むのであれば、緑茶ではなく、カフェインの含まれていない麦茶などを選択する方が良いと言えます。

 

加えて、砂糖などを使用した清涼飲料水にも注意が必要です。

 

糖分は口の中に入ると酸化してしまいます。

 

この酸化もまた口臭の原因となるのです。

 

口腔内が通常の状態であれば心配は要らないのですが、乾燥に近い状態で糖分の酸化が進むと、口の中のニオイは非常に強くなります。

 

最も無難に口の乾燥を防ぎ、口臭を改善してゆくことに適した飲み物は、結局のところ普通の「お冷」――つまり水であると言えます。

 

コンビニなどで売っているペットボトルのミネラルウォーターなどを上手く活用し、適切に水分を摂取しつつ口臭を防止していきましょう。

 

>>口臭豆知識に戻る